保険薬剤師と薬剤師の違い

薬剤師の資格を活かしたさまざまな働き方

保険薬剤師と薬剤師の違いとは?

保険薬剤師は、薬剤師が得ることのできる資格です。 実はこの保険薬剤師という資格は、調剤薬局に就職するのに必要な資格です。 薬剤師の資格は薬学部へ6年間通い、国家試験に合格しなくてはなりません。 その後、保険薬剤師として「登録」を行うことで保険薬剤師の資格を得ることができます。 なので保険薬剤師になるために特に試験が必要というわけではないのです。

保険薬剤師は、保険適用が受けることのできる薬局で調剤をするために、必要な資格なのです。 現在、ほとんどの調剤薬局がこの保険薬局となっているため、調剤薬局に就職する場合は、必ず登録を済ませておかなければなりません。

むしろ、保険適当がされてない調剤薬局は現在では全くないと思って良いでしょう。 また、調剤薬局を併設しているドラッグストアでもこの資格は必須なので同じことが言えます。 薬剤師の主な就職先のひとつに調剤薬局がありますが、入社が決定したら必ず登録を指示されるため、調剤薬局に保険薬剤師として登録していない薬剤師はいないということになりますね。

しかし、保険薬剤師として登録をしていなくても、保険適用できる医薬品を調剤している薬剤師もいます。 これは、元々登録が不要だからであり、決して違反しているというわけではありません。 その薬剤師というのが、病院内で調剤を行っている薬剤師のことです。

病院内の調剤薬局(病院内での処方であり外来は受け付けていない)の場合は、保険薬剤師として登録は不要なのです。 一言に薬剤師と言っても、大半の薬剤師が保険薬剤師に当たるというわけになります。

特に最近では、病院内に調剤薬局を併設せずに、処方箋をだして、自分の好きな調剤薬局で薬を調剤してもらうというスタイルが基本になってきました。 そのため、薬剤師の資格を取得したら、まずは必ず保険薬剤師の登録を行うことがおすすめです。

調剤薬局に就職しなかったとしても、調剤薬局へ転職するという可能性もありますよね。 登録を忘れてしまうと、後々面倒なことになりますので、薬剤師資格をとったらすぐに登録するようにしましょう。