未経験の薬剤師が企業に就職するには

薬剤師の資格を活かしたさまざまな働き方

薬剤師として未経験だけど企業に就職できる?

就職や転職をする場合、経験者を優遇していたり、なんらかの経験が必須条件である求人が多くあると思います。 薬剤師の求人でも、このように経験を必要とする求人はいくつかあります。 しかし、未経験の場合でも、できる仕事もたくさんあるのです。

薬剤師は調剤薬局やドラッグストア、企業などが主な就職先なりますが、ほとんどは未経験でも可能です。 しかし、企業の場合は、経験が必須な企業も多く存在しています。 企業で未経験で働きやすい場合は、治験に関わる仕事が採用されやすいと言われています。 一方経験があることを条件にしているのは、薬事業務や安全情報管理などだそうです。

高い専門知識を必要とする業務の場合は未経験で採用されることはまず無いと言えるでしょう。 しかし、治験に関わる仕事はたしかに経験者であれば良いのですが、ある程度の人数を確保しなくてはならないため、未経験者でも比較的採用されやすいのです。 また、一人で業務を行うのではなくチームで進めていくため、未経験者でも積極的に受け入れているところが多いのです。

そして、積極的に未経験者を受け入れている企業の場合は、入社後の教育環境も充実しています。 仕事をしていく上で必要となる知識をきちんと位置から教えていただけるので、未経験者でも応募しやすいのです。

ただし、未経験者を積極的に受け入れているとはいえ、経験者に比べたら不利なってしまうのは避けられない事実です。 もしも求人に応募してきた人が経験者と未経験者だった場合、やはり即戦力となる経験者を採用しますよね。 しかし、未経験でも経験者に勝つポイントもいくつかあるのです。 それが「自己分析」と「志望動機」です。

自分が今までどのような経験をしてきたのか、これから先どのようになりたいのかをしっかり考える必要があります。 そしてそれが、企業にとってメリットとなった時、未経験でも経験者に勝てるようになるのです。

自己分析についてなどは、転職支援サイトでアドバイスを受けることができます。 転職をサポートするために、適切なアドバイスがいただけると思うので、是非利用してみてください。