クリニックでの薬剤師の仕事内容

薬剤師の資格を活かしたさまざまな働き方

クリニックで薬剤師として働きたい

病院とは20床以上の入院施設がある医療機関を指し、それ以下または全く無い場合はクリニックや医院と呼ばれています。 クリニックの薬剤師は、色々な診療科目のある総合病院で勤務する薬剤師の仕事内容とほとんど差はありません。

主な業務は、医師の処方通りに薬を調剤して、患者さんに渡すということ、薬の説明をするということです。 また、医薬品を管理したりするのも薬剤師の仕事であり、これらは調剤薬局の薬剤師にも同じことが言えますね。

医療機関で勤務する薬剤師は、これらの仕事に加えて、注射器や点滴、軟膏剤などの管理も行います。 なので、仕事内容に総合病院もクリニックもさほど差は無いのです。

ただし、クリニックの場合は、診療科目を絞って診察していることがほとんどです。 そのためチーム医療を行っていくことは、あまりありませんが、診療科目を絞っている分、その科目に特化した仕事をすることが可能です。 理解を深めたい、興味がある、得意など、特定の診療科目で極めて行きたいのならば、クリニックを選択することがおすすめです。

大きな病院などは、福利厚生が充実していたり、最新の設備が備わっていたりなど、メリットがたくさんあります。 しかし、小規模なクリニックにも、地域に密着して仕事ができたり、アットホームな環境だったりなど、小規模なりのメリットもたくさんあるのです。

そして、大規模病院の場合は24時間体制の場合が多く、勤務時間はシフト制でバラバラです。 24時間体制ということは、夜勤必須ということになります。 クリニックの場合は、きちんとした営業時間が決まっているので、毎日同じ時間で勤務することができます。

規則的な勤務時間は、プライベートと上手く両立することができやすく、仕事と遊びにメリハリをつけることもできます。 そして、収入も小規模だからといって決して低給というわけではありません。 平均で400万円程度は見込めるので、安定して働くことができます。

このように、クリニックは働きやすい環境が整っているため、実は結構人気のある求人となっているのです。 小規模なので、採用人数も1人ということが通常であり、応募者が多くなればなるほどかなり就職は難しくなります。

しかし、転職支援サイトを利用すれば、専任のコンサルタントが、有利に転職を進められるようにサポートもしてもらえます! しかも利用するのに費用はかかりませんので、登録をして損は無いと思いますよ!