薬剤師が限定社員として転職するには

薬剤師の資格を活かしたさまざまな働き方

限定社員の薬剤師として転職する

結婚や出産、子育て、また介護など、各々が色んな事情を抱えながらも現在多くの薬剤師の皆さんが活躍されています。その働き方を支えるのは「正社員」だけでなく「パート」「アルバイト」、または「派遣薬剤師」と様々な雇用形態から自身にマッチしたものを選択できる事が大きいのではないでしょうか。

フットワークの軽い独身の薬剤師とは異なり、家庭を持つ薬剤師の方は勤務先に望む「希望条件」が多くその需要に答えるように様々なワークスタイルが誕生してきました。ここでは数ある薬剤師転職の雇用形態の中から、あまり耳慣れない「限定社員」という働き方をご紹介致します。
日勤常勤看護師の求人先、デイサービス

公開されている求人情報だけでは分かり辛い上に、そもそも非公開求人である事の多い「限定社員」は見つけ方にもポイントが存在しています。「限定社員」とは、雇用形態でいえば社員として勤めている薬剤師です。

この「限定」という言葉は、勤務する曜日や時間帯、または勤務地など、勤務形態を限定した社員である事を指しています。 つまり「正社員」同等の福利厚生を受けながら、「パート」「アルバイト」のように限られた枠内で働いているまさに「美味しいどこ取り」なワークスタイルだと言えるでしょう。

この「限定社員」のどこを限定しているのかは、それぞれの薬局によって異なります。「社員」と「限定社員」とで賞与の有無や額に差があるケースもあるのですがここで一概に紹介する事は出来ませんので、まずは実際に求人に出会う事が重要です。では、一体どのようにして「限定社員」の求人を見つけ出せば良いのでしょうか?

上にも書きました通り、「限定社員」は一般には公開されない「非公開求人」であるケースが珍しくありません。この非公開求人を多く抱えているのが「薬剤師の転職支援サイト」です。「薬剤師の転職支援サイト」では、あなたの希望条件を把握した専属のコンサルタントが多くの求人情報の中からあなたにマッチした求人をピックアップしてくれます。ただし、転職支援サイトの数は少なくないので、効率よく活用したい方は薬剤師転職ランキングのサイトをみるとよいでしょう。

その後の履歴書作成や面接対策などのアドバイスを受ける事が可能なサービスもあり、近年薬剤師の転職シーンで欠かせないツールになりつつあります。 自力での情報収集ではどうしても限界がありますので、転職支援サイトのサービスをうまく活用し求人情報の収集に活かして下さい。

失敗しない看護師の転職

看護師は国家資格であり、全国に一般診療やケアを目的とする医療施設や老人福祉施設等が点在しているため、比較的転職しやすく再就職がしやすい職業であると言えます。そのために離職率が非常に高い傾向にあるのも事実です。

誰しもが看護師の仕事をしているなかで、今の給料は安い!夜勤のない職場に行きたい!夕方に帰れるクリニックなどに移りたい!このままでいいの?他にもっといい条件の職場があるはずだと考えるものです。

転職をすることで希望通りの条件と生活を手に入れた人もいれば、転職しないほうがよかったと後悔する人もいるなかで、自分が転職成功者になるためには慎重に転職先の条件を見極める必要があります。

その1:転職が自分に今本当に必要であるかどうかを見極める

キャリアアップ目的の転職の場合、総合病院では配置転換をしてもらうことで十分キャリアアップにつながることも期待できます。

また、給与面でも長期就業者に対しては雇用先から特別手当が給与に上乗せして支給されている場合もあるため、転職をしてしまうことでそれがなくなり、また一から新しい職場で積み重ねることとなり、逆に経験給と差引しても損になってしまうことがあるのです。

そのため、転職を考える場合は退職前に現在支給されている手当を再確認することが重要です。

その2:どの形態の就業先を選ぶか

看護師の就業先は近年多様化してきています。一般病院やクリニック、老人福祉施設などの一般診療やケアを目的とする施設のほか、訪問看護やデイケアなどの一時利用施設などもあります。

また、近年では健康管理室や健康診断専門施設などの企業も大幅に増えてきており、企業看護師の道も開けています。そして治験分野においても看護師の需要が増えてきており、治験を扱う病院やSMO(治験施設支援機関)に治験コーディネーターとして勤務することも可能です。

製薬会社またはCRO(医薬品開発業務受託機関)ではオフィスに勤務することも可能で、事務職や、モニター業務等では出張をして仕事をする機会も得られます。

その3:就業時間と生活の変化

一般病院勤務の看護師は大体が日勤のみ、2交代、3交代、夜勤専門のいずれかに該当します。今まで夜勤をこなしてきた看護師が同じく夜勤のある職場に移る場合はそれほど生活に変わりはありません。

しかし、日勤のみの外来やクリニックから夜勤がある職場へと移る場合は、大幅に生活のリズムが変化することとなります。その際は自身の体調などを考慮し無理のない職場を選ぶ必要があります。

その4:転職先を決める

転職をするにあたっては、給与や勤務時間帯、休日、勤務場所など、すべての情報をじっくりと比較する必要があります。しかし、そうは言ってもあれもこれもと条件を付けたところでなかなか希望通りの案件は見つかりません。

まずは自身でどうしても外せない条件(①中央線沿線にある②日勤のみ③4週8休以上 等)を数個絞ってみることです。そのうえで比較すると意外と譲歩できる範囲で好条件の転職先が見つかるはずです。

転職をするのはとても労力がいることです。せっかくあれだけ苦労して交渉をしたり面接をしたりして転職までこぎつけたとしても、こんなはずではと転職したことを後悔してしまっては意味がありません。

転職自体が今自分に本当に必要かどうかも含め、転職先の労働条件を十分に吟味して、納得したうえで希望に合った転職先が見つかり、新しい職場で心機一転充実した生活が送れるように準備をしなければなりません。

看護師の過酷な勤務と離職率増加について

看護師は務める施設によって勤務体制が変わります。福祉施設や訪問看護ステーションなどは交代制勤務がなく日勤だけです。

しかし、病院の場合は入院施設をもつので交代制勤務により、24時間を通して医療を提供するため交代制勤務が採用されています。

交代制勤務のシフトには2交代勤務と3交代勤務の二種類があり、2交代勤務では日勤が午前8時半~午後五時、夜勤午後四時半~午前九時になります。

3交代勤務では日勤が午前八時半~午後五時、準夜勤が午後四時半~午前一時、深夜勤が午前十二時時半~午後九時というような勤務時間となります。

看護師のなかには、手当のいい夜勤専門で働く方がいますが、2交代勤務は拘束時間が非常に長く過酷な仕事になります。そのため、時間外勤務の多さや夜勤の負担を理由に看護師を辞めていく方が多いのです。

看護師の離職率をみると、常勤看護職員の離職率は10.9%、新卒看護職員が7.5%にのぼります。じつに毎年10人に1人以上の看護師が辞めていくのです。

約5万人の新人ナースが毎年誕生していますが、離職率が高いために看護師不足が解消されず、現場の看護師にかかる負担が減ることはなく、過酷な勤務が日常化しています。

厚生労働省の発表では、全国で不足する看護師はおよそ5万6000人とのことで、現在働いている看護師の7割以上が慢性疲労の状態にあります。そして退職を望んでいたり、真剣に考えたことがある看護師の数はおよそ8割という高い数字でした。

2008年、2人の看護師が過労死したことをきっかけに、日本看護協会では時間外労働や夜勤についての実態調査を行いました。

調査の結果、交替勤務をする看護師の中で夜勤がある交代勤務をしており、さらに月60時間を超える時間外勤務をこなしていた過労死危険レベルの看護師が全国で2万人もいることが発覚しました。

そのため日本看護協会は「患者の安全と職員の健康を守る運動・ナースのかえるプロジェクト」はじめました。疲れにくい夜勤労働を目指して時間外勤務を減らし、有給休暇の取得を促進して未払い残業はゼロにする。

こうした運動が看護師の離職率低下につながることが今後期待されています。