薬剤師が限定社員として転職するには

薬剤師転職 > 限定社員の薬剤師として転職する

限定社員の薬剤師として転職する

結婚や出産、子育て、また介護など、各々が色んな事情を抱えながらも現在多くの薬剤師の皆さんが活躍されています。その働き方を支えるのは「正社員」だけでなく「パート」「アルバイト」、または「派遣薬剤師」と様々な雇用形態から自身にマッチしたものを選択できる事が大きいのではないでしょうか。

フットワークの軽い独身の薬剤師とは異なり、家庭を持つ薬剤師の方は勤務先に望む「希望条件」が多くその需要に答えるように様々なワークスタイルが誕生してきました。ここでは数ある薬剤師の雇用形態の中から、あまり耳慣れない「限定社員」という働き方をご紹介致します。

公開されている求人情報だけでは分かり辛い上に、そもそも非公開求人である事の多い「限定社員」は見つけ方にもポイントが存在しています。 「限定社員」とは、雇用形態でいえば社員として勤めている薬剤師です。

この「限定」という言葉は、勤務する曜日や時間帯、または勤務地など、勤務形態を限定した社員である事を指しています。 つまり「正社員」同等の福利厚生を受けながら、「パート」「アルバイト」のように限られた枠内で働いているまさに「美味しいどこ取り」なワークスタイルだと言えるでしょう。

この「限定社員」のどこを限定しているのかは、それぞれの薬局によって異なります。「社員」と「限定社員」とで賞与の有無や額に差があるケースもあるのですがここで一概に紹介する事は出来ませんので、まずは実際に求人に出会う事が重要です。では、一体どのようにして「限定社員」の求人を見つけ出せば良いのでしょうか?
千葉県薬剤師会

上にも書きました通り、「限定社員」は一般には公開されない「非公開求人」であるケースが珍しくありません。この非公開求人を多く抱えているのが「薬剤師の転職支援サイト」です。「薬剤師の転職支援サイト」では、あなたの希望条件を把握した専属のコンサルタントが多くの求人情報の中からあなたにマッチした求人をピックアップしてくれます。ただし、転職支援サイトの数は少なくないので、効率よく活用したい方は薬剤師転職ランキングのサイトをみるとよいでしょう。

その後の履歴書作成や面接対策などのアドバイスを受ける事が可能なサービスもあり、近年薬剤師の転職シーンで欠かせないツールになりつつあります。 自力での情報収集ではどうしても限界がありますので、転職支援サイトのサービスをうまく活用し求人情報の収集に活かして下さい。